Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

FB Girlsが行く!!

<第21話>【FB Girls×無線機×サバゲー】IC-DRC1があれば素人でもベテランに勝利できるか?!(前編)

月刊FBニュース編集部

今回のバトルはフラッグ戦です。フィールド内でチームごとに陣地を設定します。制限時間10分以内に、相手陣地のフラッグを先にゲットするか、もしくは相手チームのプレーヤーを先に全員倒したチームの勝ちです。今回のバトルでは、相手陣地に置かれている無線機で本部に連絡をすることでフラッグゲットとなります。

第1回戦は左の赤色の丸が私たち素人チームのスタート地点です。ここに素人チームのフラッグ(無線機)が置かれています。私たち素人チームは、ベテランチームに自分たちのフラッグを取られないようにベテランチームのフラッグを取りに行く、という戦い方をします。

対して右の黄色の丸がベテランチームのスタート地点兼フラッグ設置場所です。素人チームはベテランチームから撃たれることなく黄色の丸まで辿り着く必要があります。ちなみに、撃たれたかどうかの判定は自己申告です。撃たれたら「ヒット!」と周囲に声を掛けてフィールドから退場するのが一般的なルールです。


素人チームのゴーグルチェック(安全チェック)中。Masacoさんの握りしめる無線機がベテランチームに取られたら素人チームの負け

4対2とか卑怯なんじゃ、とみなさまお思いかと思いますが、ベテランチームは「それでも勝てる」と自信満々でした。ムキーッ!生意気な!

この4人で絶対ベテランチームに勝つぞ!おーーー!!!

第1回戦、ゲームスタート!

「どうしましょう・・・・?」
「どうしようねぇ・・・・」

スタート直後、初心者らしく戸惑うエリーやレイに対して


Masaco、いっきまーーーす!


駆逐してやる・・・・!

Masacoさんと私は、ARDFを始め各種競技に出場している月刊FBニュースの武闘派です。敵チームの陣地に、果敢にも(無謀にも?)攻め込みます。非武闘派のエリーやレイも「ふたりが行くなら・・・・」と私たちの後ろを付いてきました。

私はベテランチームの大尉を発見しました。私と大尉の交戦が始まります。大尉が撃ってきたら私は物陰に隠れ、大尉が撃たなくなったら私が大尉を撃ちます。お互い物陰に隠れながら相手を撃っているので、撃った弾のほとんどは障害物に当たるばかりです。敵の体に命中させることは、実はなかなか難しいのです。

少し離れたところにエリーの姿が見えました。

「エリー、私が敵を引き付けている間にフラッグを取って」と私は指で合図を送りました。するとエリーは────


首を横に振るエリー

えええええ何で~~~?!た、戦って~~~?!

と言いたくなりましたが、所詮エリーも私もただの初心者。初心者は前に進むだけでも怖いものです。フィールドのどこにいるか分からないMasacoさんとレイが今ごろ別のルートからベテランチームのフラッグを取りにいっているはずだと信じて、私は私で大尉と撃ちあうことに死力を尽くすのみ。

私がそう気を取り直したところで、フィールドに運営からのアナウンスが響き渡りました。

「ベテランチーム、フラッグゲット。ベテランチームの勝利です」

うっそ~~~ん!呆気なーーー!!!

開始わずか5分ほどで、素人チームは誰も撃たれていることなく、ベテランチームにフラッグを取られました。文字通りの瞬殺です。

私たちはフィールドを出てすぐに、セーフティエリアで緊急作戦会議を実施しました。

「私が大尉と撃ちあってたのに!エリー、あの時攻めなきゃ!(偉そう)」
「ごめ~ん、怖くて動けなかった」
M「私も前に出なきゃって必死だったかも・・・・」
「ちょっとズボンの位置直しまーす」

ベテランチームに私たちの敗因を尋ねたところ、「大尉はあくまで囮役」「僕(阿部さん)がフラッグを取りにいくと、周りに誰もいなくてビックリした」とのこと。どうやら私たち素人チームは「敵のフラッグを取る」に集中しすぎてみんなが前に出てしまったため、「自分たちのフラッグを守る」ことが疎かになっていたらしいのです。


第1回戦の戦況図解。黄色のラインは阿部さんが進んだと思われるルート。素人チームのフラッグ周辺がガラ空きです。大尉は自分たちのフラッグの近くで囮役をしていました。そりゃ負けますわなぁ

M「次は誰かがフラッグの周りにいて、フラッグを守ろう!」
「じゃぁ私がフラッグを守りま~す」
「2人1組で攻めたら、絶対敵の隙をつける!」
「ズボンの位置直りました!」

再び素人チームはベテランチームに戦いを挑みます。素人チームとベテランチームで、スタート地点の交換が行われました。


マップ右側のスタート地点。雪辱を果たすことを誓う4人

第2回戦!素人チームのリベンジは果たされたのか?!

果たされませんでした。

「フラッグを守ってたら、急に背後から阿部さんが現れて銃口を突き付けられたので『ふぇぇ』ってなって撃たれる前に降参しました」

エリーはちゃんと戦わんかーーーーーーい!!!!!

FB Girlsが行く!! ~元気娘がアマチュア無線を体験~ バックナンバー

2019年5月号トップへ戻る

次号は 11月 1日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2021 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部