Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JLRS、交信期間限定の新アワード「JA1YWM 55アワード」を発行

アマチュア無線を楽しむ女性で組織するクラブ「JLRS」(Japan Ladies Radio Society)の社団局「JA1YWM」は、2018年4月27日で開局55周年を迎えた。これを記念して同クラブは交信期間限定のアワード「JA1YWM 55アワード」を発行することになった。


JARDのアマチュア無線イベントにブース出展した際のJLRSメンバーによる記念写真(2017年撮影)

JLRSは1957(昭和32)年の発足で、2019年2月時点の会員数は182名(国内141名、DX41名)となっている。毎年3月3日に「JLRS3・3雛コンテスト」、9月(電話部門)と10月(電信部門)に「JLRSパーティーコンテスト」を開催するほか、「YL-10局賞」「YL-CW-10局賞」という2つのアワードを発行。さらに「ハムフェア」「関西アマチュア無線フェスティバル」「北海道ハムフェア」などの主要アマチュア無線イベントにもクラブブースを出展している。

このほど発行される「JA1YWM 55アワード」は、2019年3月1日から11月30日までの期間中に、異なる5つのエリアで運用する「JA1YWM」との交信と、異なるエリアのJLRSメンバー局5局との交信が必要になるというものだ(申請は2019年8月1日から受付開始)。詳細は次のように発表されている。

◆「JA1YWM 55アワード」規約:
期間中に各エリアから運用する「JA1YWMの異なるエリア5カ所」と交信し、さらに同期間中に「異なるエリアのJLRSメンバー5局」と交信する。
※5エリア・メンバー局との交信を、どちらか1箇所に限り救済に使える(ただし、期間中の交信に限る)。

①参加資格は国内外の個人局とし、上記条件を満たして申請いただいた局に「アワード達成賞状」を発行する(特記を希望される方は申請時に明記「例:CW特記希望」等)

②バンド・モードは問わない。「D-STARレピータ」での運用も可

③アワード対象運用期間は【2019年3月1日~2019年11月30日】

④申請期間は【2019年8月1日~2019年12月31日】

⑤提出用推奨ログはJLRSホームページよりダウンロードをお願いします(現在準備中)。その他、JARL制定もしくは同様の形式の物でも構いませんが、できる限り推奨ログでの提出をお願いいたします。交信証は必要ありません。

また、期間中の【JA1YWM】の運用予定は、随時JLRSホームページ・JLRSブログにてお知らせしていきます。
※JLRSホームページ → https://www.jarl.com/jlrs/
※JLRSブログ → https://ameblo.jp/jlrsblog/

⑥【特別賞】
すべてのログ提出者の中から、期間中にもっとも多くのJLRSメンバーおよびJA1YWMと交信いただいた上位10%の方に、心ばかりの副賞を進呈いたします。(例:参加55局なら6位までの方)
※同一バンドでは同一局との交信は1交信のみ有効とする
※特別賞はJLRSメンバー外の申請局が対象となります

⑦コンテストでの交信は「JLRS主催のコンテスト」のみ有効とする
・2019年3月3日【JLRS 3・3雛コンテスト】
・2019年9月28日~29日【JLRSパーティーコンテスト・電話の部】
・2019年10月5日~6日【JLRSパーティーコンテスト・電信の部】

◆ログ提出先と提出時のお願い:
「A4」サイズの賞状が入る封筒(角型2号推奨)に、賞状送付先の郵便番号、住所、氏名を明記し、120円切手を貼りログと一緒に下記宛先に郵送にてお送り下さい。
〒954-0124 新潟県長岡市中之島1880-15 栁 文枝(JR0MAZ)宛

※ログの受付期間になりましたら、ホームページに受付リストを設け、受付済コールサインを順次掲載させていただきますので、ご確認下さい。

◆問い合せ先:
ご不明な点、ご質問等は下記へメールにてお問合せ下さい。
JI8KXC・塚原昌子 ji8kxcアットマークjarl.com

JLRSでは「期間中、いろいろなエリアからJA1YWMと、JLRSメンバー個人局が運用します。元気な女性アマチュア無線家の電波でお空を賑わせていきたいと思いますので、交信、そしてアワード申請をどうぞ宜しくお願いいたします」とPRしている。

2019年2月号トップへ戻る

次号は 12月1日(火) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部