Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JARD、HAMtteページに技術情報コーナーを掲載中

JARD(一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会)が運営する受講者交流サイト「HAMtte(ハムって)」は、毎月1回会員にメールマガジンを配信している。その中に掲載されている「技術情報コーナー」が好評のため、JARDではHAMtteホームページ内にそのバックナンバーを掲載している。


JARD受講者交流サイト「HAMtte」トップページ(https://mbr.jard.or.jp/)

1991年8月に発足したJARDは、JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)から移管を受けた1993年から、アマチュア無線技士の養成課程業務を行っている(現在は集合講習として4アマ標準、3アマ短縮、2アマ短縮の3コース、eラーニングとして3アマ標準、2アマ短縮の2コースを開催)。さらにアマチュア局無線設備の保証業務、アマチュア無線機を中心とした特定無線設備の技術基準適合証明・工事設計認証の業務も実施している。

JARDが創立25周年を迎えた2016年8月、養成課程修了者を対象とした無料の交流組織「HAMtte(ハムって)」が発足した。メンバーは免許取得直後の初心者が大部分を占め、インターネット上に設けた専用ホームページ内の掲示板やミニブログなどを使った相互交流、サポーター役のOM局からのさまざまなアドバイスを受けながら、アマチュア無線の運用スキル向上を図っている。会員数は2022年8月末現在で14,415名(ユーザー14,184名、サポーター231名)となっている。

毎月「HAMtteメールマガジン」を配信

HAMtte事務局では毎月1回、メンバーに向けて「HAMtteメールマガジン」を配信しているが、その中の人気コンテンツが「技術情報コーナー」だ。初心者が疑問に思いがちな内容から、最近注目の電波型式や運用形態まで、さまざまな情報を初心者にわかりやすく、時にはベテランハムでもあまり知らなかった内容が盛り込まれていることから好評を博している。


毎月1回、会員に「HAMtteメールマガジン」が配信されている

2020年9月の登場以来、これまでに取り上げたおもなテーマは次のとおり。



●HAMtteメールマガジン内の「技術情報コーナー」で取り上げたテーマの例
・技適証明とは
・アマチュア衛星について
・アマチュア無線機の技術基準について
・間違いのないQSLカードの書き方
・アマチュア無線の運用モードと電波の型式
・各アマチュアバンドにおける運用の特徴
・ドローンについて
・FT8について
・アマチュア無線機の測定について
・アンテナについて
・マイクロホンの種類
・電波の伝わり方
・国際宇宙ステーション
・D-STARについて



これらのテーマの解説は、1回で完結するものもあれば、複数回にわたるものもある。特に「アンテナについて」の回は、「アンテナと周波数の関係」から始まり、「アンテナの種類」、「利得について」、「アンテナチューナーとSWR計」、「戸建てでの運用」、「同軸ケーブル用のコネクター」、「給電線」、「アース」、「雷の被害と対応」、「高周波フィルタ」、「電磁波雑音」、「S/N、C/Nについて」と12回(1年間)にわたって続けられた。


「アンテナについて」は12回にわたって解説を行った

また、2021年12月配信のメールマガジンから始まった「D-STARについて」は、JARD理事でJARL D-STAR委員長でもある安田 聖さんが、5回にわたって次のような内容で解説を行い、読み応えのある内容になっている。

第1回 「D-STARを使用する場合の無線機の設定」
第2回 「D-STARの特徴の一つであるゲート越え」
第3回 「D-STARのもう一つの特徴である海外との交信について」
第4回 「アクセスポイント/ターミナルモードについて」
第5回 「国内各地のD-STARレピータをモニターするプログラム“dmonitor”」


2021年12月から5回連続で「D-STARについて」を取り上げた(HAMtteホームページ内のバックナンバーより)

「技術情報コーナー」バックナンバーも閲覧可能

これまでにHAMtteメールマガジンで配信された「技術情報コーナー」は、HAMtteホームページ内の「掲示板」内にある「HAMtteメルマガ連載 技術情報コーナーバックナンバー」(https://mbr.jard.or.jp/topic/backnumber/)ですべて読むことができる。ただしこのページの閲覧や、HAMtteメールマガジンの配信はHAMtteの会員に限られている。


HAMtteホームページに掲載されている「技術情報コーナー」バックナンバーの例

HAMtte会員になる方法だが、HAMtteが発足した2016年8月以降にJARD主催の養成課程講習会を受講し修了(合格)した人には、試験結果通知とともにHAMtteの案内(ログインID、仮パスワード付き)が個別に送付されているので、この案内を紛失した場合を除き、特別な申し込み手続きは不要だ。

さらに、HAMtte発足以前にJARDの養成課程講習会を修了した人や、JARLが実施していた時代(1993年以前)の養成課程講習会修了者も、申し出によりメンバーとして登録することができる。この場合はHAMtteの「会員(無料)新規申込みのご案内」ページ(https://mbr.jard.or.jp/register/hamtte_join.html)を参照し手続きを行う必要がある。

2022年9月号トップへ戻る

次号は 12月 1日(木) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部