Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JLRSが「トップレターアワード」発行へ

アマチュア無線技士の資格を有する女性による組織、JLRS(Japan Ladies Radio Society、会員数 国内135局、海外39局)は、このほど新しいアワード「JLRS トップレターアワード」を2021年11月1日から3年間の期間限定で発行することを公表した。今年1月1日からの交信が有効となる。


「JLRSトップレターアワード」のデザイン見本

JLRSは1957(昭和32)年の設立。本部役員のほか各エリアに代表者を置いてミーティングなどを随時行うほか、機関誌の発行、オンエアミーティングなどの定期開催(下表参照)、年1回の総会開催、コンテストの開催、アワード発行などを行っている。

JLRSのオンエアミーティング等

対象 曜日 時間 周波数
★JLRSオンエアミーティング
全JLRSメンバー 毎週金曜日 07:00~ 7.090MHz付近
JLRS 5エリアメンバー 毎月第1水曜日 08:00~ 7.120MHz付近
JLRS 6エリアメンバー 毎週水曜日 10:00~ 7.060MHz付近
★YLオンエアミーティング(女性ならどなたでもご参加いただけます)
1エリアYL局 毎週水曜日 21:00~ 144.200MHz付近
1エリアYL局 毎月第2/第4金曜日 21:00~ 432.500MHz付近
8エリアYL局 毎週水曜日 10:00~ 7.120MHz付近
8エリアYL局 毎週火~金曜日 19:30~ 145.080MHz付近
★CQ YL Day(メンバーと全国のハムの皆様との交信)
全国の局 毎月第2日曜日 09~12時 7MHz帯SSB/CW
※実施前日にJLRSブログで時間、オペレータ、運用地等を案内

現在、JLRSでは「YL-10局賞」と「YL-CW-10局賞」という2つのアワードを発行しているが、このほどメンバーを含むYL局のアクティビティーを高めることを目的にした新アワード「JLRSトップレターアワード」を2021年11月1日から3年間の期間限定で発行することが決まり、事前PRが始まった。

このアワードはJLRSの英語名「JAPAN LADIES RADIO SOCIETY」の23文字を、交信した局のコールサインのサフィックスの“トップレター”で綴るというもので、「A賞」は、23文字中の7文字をYL局(うちJLRSメンバー5局以上)、「B賞」は23文字中の5文字をYL局(うちJLRSメンバー3局以上)で完成させるというルールとなっている。ルールの概要は下記の通り。



JLRSトップレターアワード (概要)

●申請条件:
「JAPAN LADIES RADIO SOCIETY」の23文字を、交信した局のコールサインのサフィックストップレターで完成する。

(1)A賞: 23文字中7文字は JLRSメンバー5局以上を含むYL局、残りの16文字は交信した局のサフィックスのトップレターで完成する。
※JLRS社団局「JA1YWM」はどの文字にも代用できる(ただし1文字に限る)

(2)B賞: 23文字中5文字は JLRSメンバー3局以上を含むYL局、残りの18文字は交信した局のサフィックスのトップレターで完成する。
※JLRS社団局「JA1YWM」はどの文字にも代用できる(ただし1文字に限る)

●備考:
・A賞、B賞ともに電信、電話(AM、SSB、FM)混合可。
・特記はなし。
・申請はA賞、B賞のいずれも可とし、A賞またはB賞で申請した局との交信も重複して使用できる。
・同一局との交信は、バンド、モード、日付が変わっても1回のみ有効とする。

●発行期間: 2021年11月1日~2024年10月31日
※申請可能な交信は2021年1月1日以降のものとする。
※申請は自己誓約方式(交信証の提出不要)。
※申請書、交信リスト、申請料500円の定額小為替、返信用封筒(角形2号、140円切手貼付)を下記の申請先まで郵送。

●申請について:
・申請書、交信リストはJLRSホームページよりダウンロードしてください。
・申請先: JLRSアワード係
〒452-0914 愛知県清須市土器野637 JI2PNG 浅井満子 方




「JLRSトップレターアワード」のルール

JLRSでは「現在、JA1YWMは7エリアで運用しています。今後は他のエリアでの運用も予定しています。このアワード完成を目指して、これからはどんどんYL局にお声がけ、よろしくお願いいたします」とアナウンスしている。

詳細および申請書、交信リスト、メンバー局の一覧表はJLRSホームページJLRSホームページに掲載されている。またJLRSの最新情報はJLRSブログで提供している。

2021年6月号トップへ戻る

次号は 12月 1日(水) に公開予定

サイトのご利用について

©2021 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部