Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

「HAMtte交信パーティー2019 冬」、各社のクラブ局が運用中!!

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)が1月5日(土)から20日(日)まで開催している交信イベント「HAMtte交信パーティー2019冬」が盛況だ。今回は主催者であるJARDのクラブ局をはじめ、主要アマチュア無線機器メーカーのクラブ局も同イベントに参加し、勢力的に交信を行っている。


JARDのクラブ局、JO1ZRDの430MHz帯運用風景

JARDは、主催するアマチュア無線技士養成課程講習会の修了者を対象とした交流組織「HAMtte(ハムって)」を運営している。登録会員数は2018年12月現在およそ5,300名で、毎月数百人ずつ増加しているという大規模な組織だ。

このHAMtteのメンバー同士、およびメンバーと一般アマチュア局、一般アマチュア局同士の交流を促進するための無線交信イベント「HAMtte交信パーティー」が、毎年1月、5月、8月の3回実施されている。現在は1月5日(土)から20日(日)まで「JARD HAMtte 交信パーティー2019 冬」という名称で開催中だ。

交信局数や得点を競うコンテストとは異なり、交信パーティーらしい緩いルールが特徴だ。具体的には、期間中にHAMtteメンバーの1局以上と交信して参加書類を提出した局は、抽選で10名に「特製コールサインプレート」が当たる抽選の権利が得られる。さらにHAMtteメンバー2局以上を含む、異なる20局と交信し書類を提出した局はコールサインプレート抽選権のほか、「HAMtteロゴ入りノベルティグッズ」と、今回に限り「HAMtteメンバー5,000人突破記念 規格QSLカード」の2つがもれなく贈呈されるという内容だ(詳しい案内と参加要項は昨年12月号の記事を参照)。


HAMtteメンバーの1局以上と交信して参加書類を提出した局の中から抽選で10名にプレゼントされる特製コールサインプレート。当選者のコールサインや氏名が刻印される

従来この交信イベントは、メンバーの多くが初心者ハムということもあり、参加者、とりわけ一般局の中から「メンバー局がなかなか発見できずに苦労した」という声が挙がっていた。そこで今回は“メンバー局”としてカウントされるJARDのクラブ局、JO1ZRD(固定局)を東京・巣鴨のJARDハム教室内に設置し、ベテラン・ハムと初心者ハムがペアを組むなどして連日HFや430MHz帯などで運用されているほか、JO1ZRDの移動する局が5エリア(四国)と9エリア(北陸)への移動運用も行っている。


1月6日、JARDハム教室(東京・巣鴨)でのJO1ZRD運用風景。円内左から430MHz帯、21MHz帯、7MHz帯の交信コーナー。またFMぱるるんのラジオ番組「OMのラウンドQSO」の収録も行われた


JO1ZRDの7MHz帯運用風景

さらに今回、同じくルール上は“メンバー局”としてカウントされる、主要アマチュア無線機器メーカーのクラブ局(アイコム株式会社、株式会社JVCケンウッド、八重洲無線株式会社)も期間中に運用を行い、この交信イベントを盛り上げている。特に注目されるのはアイコムで、関連する6つのクラブ局が参加を表明している(下記参照。カッコ内は常置・設置場所)。

JA3YUA ICOMアマチュア無線クラブ(大阪市平野区/兵庫県赤穂郡)
JG3YMK ICOM HAM CLUB(大阪市平野区)
JK3ZNB アイコムならやまハムクラブ(奈良県奈良市)
JK3ZOR 和歌山アイコムアマチュア無線クラブ(和歌山県有田郡)
JL3YTT 和歌山アイコム紀の川工場ハムクラブ(和歌山県紀の川市)
JQ1YOL アイコムQRVアマチュア無線クラブ(東京都江東区)

1月10日現在、JA3YUAは大阪市平野区の設置場所をはじめ奈良県内から3.5MHz帯で、JG3YMKは和歌山県内や大阪府内の各所から3.5/430MHz帯で、JK3ZORは和歌山県内の移動運用で3.5/7MHz帯で、JL3YTTは和歌山県紀の川市内の設置場所から7MHz帯で、それぞれ運用が行われているのが確認できた。これ以外の場所からの移動運用や、JK3ZNBとJQ1YOLの運用も準備中と伝えられ、同社の運用関係者は「期間中に6局合計で1,000局と交信したい」と意気込んでいる。交信した局にはHAMtteロゴの入った特製QSLカードが発行される予定だ。

「HAMtte交信パーティー2019 冬」に参加し、精力的に交信を行うICOMアマチュア無線クラブ(JA3YUA)の運用風景

JARDによると「HAMtte交信パーティー2019冬」は、こうした関係者の積極的な運用の効果もあり、かつてない盛り上がりを見せているという。HAMtte事務局には交信イベント参加に関する問い合わせや、過去にJARLが主催した養成課程講習会の修了者(申し出によりHAMtteへの入会が可能)からの申し込みが急増している状態だ。

交信イベント終了の1月20日(日)23時59分までまだ数日あるので、この機会に参加してアイコムのクラブ局をはじめ、HAMtteメンバー局との交信に挑戦してはいかがだろうか。

2019年1月号トップへ戻る

次号は 10月1日(木) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部