Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JARL「第9回定時社員総会」を開催

JARLは6月28日、東京都新宿区で「第9回定時社員総会」を開催した。しかし第2号議題の審議中に出席社員から出された「延会(延期)動議」が可決したことから、この日は総会を終えることができなかった。


JARLの「第9回定時社員総会」討議の模様

JARLは2011年に社団法人から一般社団法人へ移行したのを機に、毎年5月に全国持ち回りで行ってきた全会員(正員)が参加できる「通常総会」をやめ、各支部および各エリアから選ばれた「社員」(定数138名、欠員を除く現在数は128名)による「社員総会」を毎年6月に東京で開催している。

今年は6月28日(日)に東京都新宿区の「ベルサール西新宿」で開催されたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、社員に当日の出席はなるべく避け、議決権行使書面または出席者への委任状提出を呼び掛けると共に、会場内はソーシャルディスタンス確保のため、およそ1.5m間隔でイスが並べられ、入場時は検温と手指消毒が行われるなど、例年とは異なる対応となった。また総会の審議自体も時間短縮を図り、15時で終了する方針を立てた。


入場時は検温と手指消毒を実施。受付は透明のビニールシートで覆われ、職員はフェイスガードとマスク、手袋を使用していた


出席したJARL社員は34名。ソーシャルディスタンスを確保した座席配置になっていた

こうしたことから出席した社員は34名にとどまり、それ以外の社員は議決権行使書の提出(76名)や出席者への委任書面提出(15名)での参加となった。

冒頭、開会のあいさつに立ったJARLの髙尾義則会長(JG1KTC)は、「今回の定時社員総会は、政府や東京都、公益法人協会の指針や指導に基づいた感染防止対策を施して、3密をさけるソーシャルディスタンスを確保しての開催の運びとなりました。ご出席の皆様方には大変ご不便をおかけしますが、皆様方のお体の健康にもかかわる重要なことでもございますので、新型コロナウイルス感染症の感染予防と防止に皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。社員総会は社員の皆様方の重要な課題についての意思統一を図る場でもございます。建設的な議論のもと皆様方と理解を共有することができれば嬉しく思う次第でございます。アマチュア無線という素晴らしい趣味を絶やさぬよう、連盟が将来にわたって安定的発展的に存続できるように組織の活性化、皆様方のお力をお借りしまして、一層盛り上げていきたいと考えております」と述べた。


開会のあいさつをする髙尾JARL会長

第1号議題では「令和元年度決算」が審議された。今回は5月下旬に社員有志16名が法律に基づいてJARLの会計帳簿の開示を請求、JARLは難色を示したが、開示を認める東京地方裁判所の仮処分決定を受けて社員総会直前の6月25日に開示したことから、この帳簿に記載されている髙尾会長の旅費交通費や広報活動費の金額や使途の妥当性に出席社員からの質問が集中した。

そのほか、会員数の減少を読み誤って赤字決算が毎年続いている点、コールサインが失効し正員要件を失っている会員(ライフメンバーなど)の調査について、日野岳専務理事がJARL職員を定年退職した際に支払われた退職金について、昨年の社員総会後に種村理事が招集した理事会に会長らが出席せず不成立(流会)になった理由など、出席社員からさまざまな質問があり、第1号議題の討議は予定を大幅に超過した16時過ぎまで行われた。

投票による採決の結果、第1号議題は賛成74票(出席社員9票、議決権行使書65票)、反対50票(出席社員40票、議決権行使書10票)、保留0票で可決した。


出席社員の求めに応じ、関西地方本部長の田中理事(JR3QHQ)も説明を行った

第2号議題の審議中に「延会動議」が出される

第2号議題は「役員選任の件」で、今年4月に行われた通常選挙を経て決まった理事候補者15名と選挙を経ないでJARLが推薦するただし書き理事2名、さらに監事2名の就任可否を審議するものだが、実質的な審議は入れなかった。

まず、今回の副議長であるJA8DKJ 三井氏が、この議題で就任可否を審議される理事候補者の1人となっていることが問題視された。三井氏は採決時には議長団を離れると説明したが出席社員から理解を得られず、議長団の解任動議が出され、挙手採決の結果解任が可決した(賛成38票、反対11票、保留0票)。

髙尾会長は急きょ、代わりの議長団を指名して審議の続行を図ったが、すでに17時を過ぎ、役員選任に関する討議と1名ずつ個別投票で賛否を確認するにはまだ相当の時間が掛かることから、社員から「延会動議」が出され、これが挙手採決によって可決した(賛成39票、反対10票、保留0票)。

そのため、この日の第9回定時社員総会は17時45分に議事が打ち切られ、散会となった。JARLは今後、この続きを行う日程を決めて通知を行うことになる。また現在の社員と理事、監事の任期は第9回定時社員総会の終了までと規定されていることから、次回も同じ出席者で討議が行われることになる。

2020年7月号トップへ戻る

次号は 8月17日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2020 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部