Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

第18回 ケンウッドアマチュア無線クラブ(JA1YKX)の皆さん

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

◆D-STAR対応ハンディ機「TH-D74」のエピソード

ところで、私がお聞きしたかったのが、D-STAR対応のハンディ機「TH-D74」のお話! 製品の評価を担当された中村さんに突撃インタビュー!!


中村さんにTH-D74のお話を伺いました!

--苦労された点はどんなところですか?

「このデジタル方式で、どうやれば明瞭で聞き取りやすい音質が出せるか、業務無線機で培ったノウハウも盛り込んで開発しました。世界中で使われることを念頭にして、いろいろな言語でコーデックを調整する点は入念に行いました」

--ボディの大きさはどうやって決まったのですか?

「手には持ちますけれど、D-STARとAPRSで全世界と通信できる無線設備ですから、しっかり使える機能を入れなくてはなりません。さらに陽の出ている時間帯ぐらいは遊べるだけの電池容量が必要。そしてPTTボタンは、どちらの手で持っても運用しやすく。そうしたことを考慮して決まりました。もうちょっと薄型にできればよかったかもしれませんが」

--ますます、D-STARの仲間が増えますね!!

「そうなんです。D-STARのネットワークがどんどん広がってほしいですよね。開発したJARLさんを挟んで、メーカー同士が協力できることは協力し合って、競い合うところは競い合って。もっと多くの方にD-STARを楽しんでいただけるように頑張ります」

このあと、中村さんにTH-D74の使い方をいろいろ教えていただきました。ありがとうございます!!


カラー液晶ディスプレイとフルキーボードを採用したTH-D74。D-STARのユーザーがますます増えそうです!

◆無線室でJA1YKXをゲスト運用!!

最後は、6階にあるアマチュア無線クラブのシャックにお邪魔しました。開発フロアの入り口にあるオープンスペースに、HF/50MHz帯のTS-990が4台も並んでいます!!! ほかにもHF~1200MHzのTS-2000やHF/50MHzのTS-590もありました。


オープンスペースにあるJA1YKXのシャック。TS-990が4台も並んでいます!

壁にはいろいろなコンテストで入賞したときの賞状がたくさん。無線の雑誌で見たことがある、海外のコンテスト局のシャックのような雰囲気です!


JA1YKXはコンテストにもアクティブ。壁にはたくさんの賞状がありました

なんと、このクラブ局の無線設備で「設備共用」の手続きを取って、個人局でも1kWの免許を受けているメンバーが6~7人いらっしゃるそうです。「珍局が出てきたら個人コールで呼んだり、WPXコンテストに個人コールで参戦する人もいます」というのは羨ましいなあ~!!

そして私も、50W機のTS-990Dでゲストオペレートをさせていただきました。冨安さんに使い方を教えていただき、7MHzで恐る恐るCQを出してみると…次から次に呼ばれる!!


TS-990の使い方は冨安さんに教えていただきました♪

「ケンウッドさんのクラブ局、交信したかったんですよ~!」といった反応が多くて楽しい~!! あっという間に13局と交信できました! QSLカードにはサインを入れて発行しますね♪


一度CQを出したら、次から次に呼ばれました! 短時間で13局と交信!!


ゲストオペレートに立ち会って下さったメンバーの皆さん、ありがとうございました♪

ケンウッドアマチュア無線クラブの皆さん、どうもありがとうございました。「競い合いつつ、協力しつつ技術を高める!」その思いは、どの分野にも共通し、また1歩先へ進むんだなぁと響きます・・・。 お仕事とクラブ活動、これからも頑張って下さい!! 私は・・・JVCケンウッドのこだわりでもある最高の音環境の中で歌ってみたい!(笑)またいろいろなアマチュア無線イベントでアイボールしましょうね!

(JH1CBX Masaco)

★Masacoプロフィール

兵庫県生まれ。シンガーソングライター。
学生時代は陸上競技ランナー、全日本インカレ出場。公務員となったが「歌い手になりたい」を実現すべく退職し上京。

NHK朝の連続ドラマ小説出演などを経て、IBS茨城放送のレギュラーラジオ番組パーソナリティーを6年、ラジオNIKKEI第一でもパーソナリティーとして活躍。全国高校統一模擬試験「英語リスニングテスト」の 日本語出題ナレーターなども務める。

オリジナル「あなたとともに咲かせましょう/むせんのせかい」はバックに流れるモールス信号も話題となり無線愛好家からの支持も得る。ファン1人1人からのエールを受け出来上がった最新作「むこう岸」はMasacoの新たな世界が広がっている。

コールサインはJH1CBX(第3級アマチュア無線技士)

・公式サイト:http://www.19box.net/masaco/
・オフィシャルブログ(Masaco Diary):http://blog.goo.ne.jp/33masaco/
・Twitter:https://twitter.com/Masaco3
・Facebookページ:https://www.facebook.com/Masacosama

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~ バックナンバー

2017年7月号トップへ戻る

次号は 10月 1日(金) に公開予定

サイトのご利用について

©2021 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部