Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

JAIA技術講演「144MHz帯 20Wリニアアンプ 自作大研究」の資料公開

日本のアマチュア無線機器メーカー9社で構成する業界団体、「日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)」が「ハムフェア2021」(コロナ禍で開催中止)の会場で予定していた、JAIA技術委員会による講演「144MHz帯 20Wリニアアンプ 自作大研究」に関する動画と、このリニアアンプを実際に製作する際に役立つ資料を公開している。またプリント基板の無料配布も行っている。


JAIA技術委員会が資料を公開した、144MHz帯オールモード対応の20Wリニアアンプ「JAIAmp」

JAIAの技術委員会は、毎年「ハムフェア」のイベントコーナーで“JAIAタイム”という時間帯を設け、無線機器やアンテナなどの製作や保守、測定に役立つ内容の講演を行っている。


JAIA技術委員会が「JAIAタイム」として、ハムフェア会場で行っている技術講演の模様
(「ハムフェア2019」で撮影)

2021年の講演は、技術委員会のメンバーである株式会社JVCケンウッドの堀内賢雄氏が担当。「144MHz帯 20Wリニアアンプ 自作大研究」と題し、ハンディトランシーバーでも使用できる144MHz帯オールモード対応の20Wリニアアンプ(これを「JAIAmp」と命名)について、機器の構想から回路設計、製作準備、実際の製作過程、性能測定、さらに免許の申請手続きまでを詳しく説明するという、主に上級者に向けた内容を予定していた。

しかし、コロナ禍でハムフェア2021の開催が中止になったことから、講演内容に準拠した動画を作成しYouTubeのJAIA公式チャンネルで公開(10月号のニュース記事参照)、さらにJAIAホームページ上で実際の製作に役立つ資料を3回に分けて公開した。

「第一弾」として10月1日に公開された内容

第一弾では約51分間におよぶ講演動画と、その内容をPDFにした資料(全131ページ)が公開された。リニアアンプの設計手順や製作過程、性能測定などを詳しく紹介し、“プロの無線機器作り”のノウハウが得られる内容だ。今回のJAIAmpを製作しない場合でも参考になることは多いだろう。

➀技術講演動画「JAIA技術講演2021 144MHz帯 20Wリニアアンプ 自作大研究」(YouTube「JAIA公式チャンネル」で公開)

②講演資料(JAIA技術講演2021 講演資料)


「JAIA技術講演2021 144MHz帯 20Wリニアアンプ 自作大研究」はYouTubeのJAIA公式チャンネルで公開されている


PDF版で公開された「JAIA技術講演2021 講演資料」より

「第二弾」として10月22日に公開された内容

第二弾は動画を見て、実際にJAIAmpの製作に挑戦してみたくなった場合に役立つ基本資料。取扱説明書や必要な部品表と全体の回路図、プリント基板のシルク図と穴の位置図などが公開されている。

③取扱説明書(JAIAmp-144T20 取扱説明書_Ver1(2))
④部品表(JAIAmp-144T20 部品表_Ver1(1))
⑤回路図(JAIAmp-144T20 回路図_Ver1)
⑥基板外形・穴位置図(JAIAmp-144T20 穴位置図_Ver1(1))
⑦基板シルク図(JAIAmp-144T20 シルク図_Ver1)


PDF版で公開された「JAIAmp-144T20 取扱説明書」の表紙と目次


PDF版で公開された「回路図」(上)と「基板シルク図」(下)

「第三弾」として11月26日に公開された内容

そして最近公開されたのが第三弾。最近はエッチング液を使って自分でプリント基板を作成する人が減り、1枚からでも作ってくれるプリント基板の製作サービスを利用する人が増えている。そうしたメーカーへの基板注文に役立つようなデータが公開された。これらをCADソフトウェア「DesignSpark PCB」(インターネット上で無料版も公開されている)で読み込むと、基板注文用のデータが生成できるという。

⑧回路図CADデータ(JAIAmp-144T20 回路図CADデータVer1)
⑨基板CADデータ(JAIAmp-144T20 基板CADデータVer1)
※注意: CADデータの閲覧にはCADソフトが必要(講演資料30ページ参照)
⑩プリント基板の供給について(JAIAmp プリント基板の供給について)


CADソフトウェア「DesignSpark PCB」は無料版と有償版があり、どちらもDESIGN SPARKのホームページで公開されている

JAIAでは、このJAIAmpのプリント基板を若干枚用意し、11月26日から希望者に先着順で無料配布している。1人1枚に限り(複数枚の要望は不可)、送料は希望者負担のSASE方式となっている。第三弾の資料の中で公表された内容は下記の通り。



●JAIAmpプリント基板の供給について
JAIAmpのプリント基板を若干枚数用意しましたので、希望の方に配布します。

<注意>
・おひとり様1枚限りとします。(複数枚の要望(クラブなど)は受け付けません)
・在庫が無くなり次第配布を終了します。(JAIAホームページで告知します)
・基板は無償とし、送料は希望者様負担のSASE方式とさせていただきます。

●入手までの流れ:
①申し込みメールの送信
以下の要領で、JAIAmp 専用のeメールアドレス宛にお申し込みください。

・宛先: jaiamp@jaia.or.jp
・件名: JAIAmpプリント基板希望
・本文: お名前(フルネーム)とコールサインを記載のこと

②「受付結果」および「今後の段取り」について受信
・JAIA事務局から希望者様宛に、受付の結果および、受付OKの場合はSASEの送付方法についてのeメールを返信します。(1週間以内目途)
※注意: 在庫が無くなった場合はJAIAホームページで告知します。

・この告知から約1週間経過をもって②のeメールの返信を終了しますので、適時JAIAホームページにて告知の確認をお願いします。
※JAIAホームページを開き、手動で画面更新をお勧めします([F5]キー等)

③SASEをJAIA事務局に郵送する
JAIA事務局から受信した受付OKのeメールに記載・指定されている方法で、基板の返信用封筒(SASE)をJAIA事務局に郵送してください。

④基板の受領
希望者様から頂いた封筒に基板を納め、JAIA事務局から希望者様へ返送します。
※注意: eメールによる申し込み受付が行われていない場合はお送りいたしませんので、上記手順に従い、必ず事前に申し込みを行ってください。



詳しくはJAIAホームページの「情報コーナー」にある「ハムフェア2021(コロナ禍で中止)で予定されたテーマ」のダウンロード先リンクを参照。各資料へのリンクも掲載されている。

2021年12月号トップへ戻る

次号は 10月 3日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部