Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

第43回 アツデン株式会社の皆さん

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

「実はMasacoさん、新製品の1kWタイプのHF国産リニアアンプ“AZR-1000”をもうすぐ発売することになりました。ちょっとご覧に入れましょう」


1kW出力のHF/50MHz帯リニアアンプ、AZR-1000。300W×140H×400Dmm、約13kgというサイズは国産最小、最軽量だそうです!

--わあ! 1kWタイプにしては小さいですね!!

「オートアンテナチューナーが入っていないのでこのサイズにできました。重さは約13kgで電源内蔵です。5系統選べるアンテナ端子を前面の小型ツマミでセットできたり、ボタン1つでダミーロード用の端子に接続できる機能が便利です」


AZR-1000の背面。大きなファンを2つ装備しています。アンテナ端子は5系統

--海外で運用する方には持ち運びもしやすいので良いですね! これからはリニアアンプの種類がどんどん増えていくのでしょうか?

「この後はAZR-1000の輸出バージョンで1.5kW出力の製品を開発する予定です。その次はEME(月面反射通信)のファン向けとして、144MHz帯や430MHz帯のハイパワーアンプを販売に向けて開発を進めたいと思います」

そして佐藤さんからは「ベースステーション(固定局)用のマイクロホンも、近い将来に出したいと思っています」というお話もありました。こちらも楽しみです!


アツデン社内にはクラブ局のJR1YIIが設置されています。アツデンの無線機やスタンドマイクも!

佐藤さんの夢、これからのアツデン

最後に佐藤さんの、これからの夢をお伺いしたところ、「“音の入口”であるマイクロホンの分野で、プロに使ってもらえる定番品となるものを作りたいのです」というお答えが返ってきました。

「今、放送業界や音楽業界では、シュアー(SHURE)のSM58というボーカル用ダイナミックマイクロホンが定番モデルになっています。なんとかこれにとって代わる定番品を作りたいと思って、いろいろと研究を重ねています」

そうおっしゃって、佐藤さんは1つの製品を見せてくださいました。「月風(げっぷう)」と名付けられた青いコンデンサーマイクロホンで、会津塗を採用して光の角度によって微妙に表情が変わるのが特徴です。マイクケーブルの外側には組み紐を使っています。価格はケーブル別で25万円!!


アツデンの高級マイクロホン「月風」。とても美しいフォルムでした。これで歌ってみたい!

「マイクロホンは測定器で測ってもわからない、実際に使ってみるとわかるような個性や表現力があります。多くのプロの方に指名してもらえるようなマイクを作りたいというのが私の夢です。そして“音の出口”であるヘッドホンでも、ハイファイタイプの定番となるモデルを作りたいと思っています」

私も歌を届ける仕事をしているので、マイクは種類によって全然違うこと、その人の声質に合う、合わないがあるのを感じています。だから、ライブやレコーディングのときはマイクを何本も用意していただいて、テストをして自分に一番合う物を使っています。私の声質にピッタリの、魅力を200%ぐらい引き出してくれるようなマイクがあるといいなあ~。これからのマイク開発が楽しみです!


「毎年のホノルルマラソンが楽しみです」と語る佐藤さん。70歳を迎えたとは思えないほどパワフルでアクティブです!

そして佐藤さん、「個人的には、10年前に還暦で始めたフルマラソンを、これからも長続きさせ、6時間を切るぐらいでゴールしたいですね」という夢を教えてくださいました。毎年12月にハワイへ渡り、ホノルルマラソンで楽しみながら走ることを楽しみにしていらっしゃるそうです。


佐藤さんのご子息で現社長の佐藤基典さんも加わっていただき、AZR-1000と一緒にパチリ!

トップに立たれる方は常にチャレンジ精神旺盛で、エネルギーが違うなぁ…って思います。ホノルルマラソン! 市民ランナーの憧れですよね! 佐藤さんが「素晴らしい景色の中で時間制限を気にしないで走るのはメッチャ楽しい♪ お祭り気分なんです!」とおっしゃっていたのが印象的でした。

実は! 私もホノルルマラソンを走ったことがありまして・・・♪ “一緒に走ってくれる彼を見つけて、ゴールで「結婚してください!」って指輪をプレゼントされる”・・・なんて夢見る少女の時代もありました(笑)。これからもますますお元気で、お仕事もホノルルも走り続けてくださいね!

現社長の佐藤基典さんは「アマチュア無線の楽しみ方や魅力をもっともっと深く追求してみたい!」とおっしゃっていました! お忙しい中、本当にありがとうございました。あ! マイクの開発! 私の声でよければいつでもサンプルで使ってください(笑)。楽しみにしていま~す!

(JH1CBX Masaco)

★Masacoプロフィール

兵庫県生まれ。シンガーソングライター。
学生時代は陸上競技ランナー、全日本インカレ出場。公務員となったが「歌い手になりたい」を実現すべく退職し上京。

NHK朝の連続ドラマ小説出演などを経て、IBS茨城放送のレギュラーラジオ番組パーソナリティーを6年、ラジオNIKKEI第一でもパーソナリティーとして活躍。全国高校統一模擬試験「英語リスニングテスト」の 日本語出題ナレーターなども務める。

オリジナル「あなたとともに咲かせましょう/むせんのせかい」はバックに流れるモールス信号も話題となり無線愛好家からの支持も得る。昭和歌謡の懐かしさに心躍る最新作「晴れおんな」ではMasacoの新しい世界を聞くことができる。

コールサインはJH1CBX(第3級アマチュア無線技士)

・公式サイト:http://www.19box.net/masaco/
・オフィシャルブログ(Masaco Diary):http://blog.goo.ne.jp/33masaco/
・Twitter:https://twitter.com/Masaco3
・Facebookページ:https://www.facebook.com/Masacosama

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~ バックナンバー

2019年9月号トップへ戻る

次号は 10月 1日(金) に公開予定

サイトのご利用について

©2021 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部