Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

ニュース

日本無線協会、令和4年度の1・2アマ国家試験日程を発表

無線従事者国家試験を実施している公益財団法人日本無線協会が、令和4年度(2022年4月1日~2023年3月31日)に開催する、第一級アマチュア無線技士(1アマ)および第二級アマチュア無線技士(2アマ)の国家試験日程を発表した。第3級アマチュア無線技士(3アマ)および第4級アマチュア無線技士(4アマ)の日程は2月初旬に発表される見込みだ。


無線従事者国家試験を実施している公益財団法人日本無線協会の本部玄関前(東京都中央区)

「上級ハム」と呼ばれる1アマ、2アマの国家試験は4月期、8月期、12月期の年3回、北海道(札幌市)から沖縄(那覇市)まで全国11か所の試験地にて、同一日程で実施されている。このほど発表された令和4年度の1・2アマ国家試験日程などは次のとおり。

令和4年度1・2アマ国家試験の日程

★1アマ:
・4月期: 4月9日(土)
 ※受験申し込み期間:2月1日~2月20日

・8月期: 8月7日(日)
 ※受験申し込み期間:6月1日~6月20日

・12月期: 12月3日(土)
 ※受験申し込み期間:10月1日~10月20日

★2アマ:
・4月期: 4月10日(日)
 ※受験申し込み期間:2月1日~2月20日

・8月期: 8月6日(土)
 ※受験申し込み期間:6月1日~6月20日

・12月期: 12月4日(日)
 ※受験申し込み期間:10月1日~10月20日

★試験地(1・2アマ共通):
東京都、北海道札幌市、宮城県仙台市、長野県長野市、石川県金沢市、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、広島県広島市、愛媛県松山市、熊本県熊本市、沖縄県那覇市の全国11か所

★試験手数料(送金時の振込手数料は含まず):
1アマ 9,600円
2アマ 7,800円

令和2(2020)年8月期と令和3(2021)年8月期の1・2アマ国家試験は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」開催日程との兼ね合いから「9月期」にずれて行われたが、令和4年度は通常の8月期実施に戻った。また令和2年4月期の1・2アマ国家試験は新型コロナウイルス感染拡大のため、試験前日に急遽中止が決定したが、その後の試験はさまざまな感染対策を取りながらスケジュール通り実施されている。

申し込みはインターネット申請に一本化、送金や顔写真に注意

これまで日本無線協会が行う各級の無線従事者国家試験は、受験申請書を同協会に郵送する形での申し込みが可能だったが、今年の実施分から同協会のホームページ経由で申請する「インターネット申請(電子申請)」に一本化されている。


今年から無線従事者国家試験の受験申し込みは、日本無線協会のホームページ上からの電子申請のみとなっている

これに伴い1・2アマ国家試験も、受験申し込み、試験手数料の支払い方法、顔写真の登録方法などが変更された。さらに受験票や試験後の結果通知も受験者宛てに電子メールで案内が届くことになった。従来のような郵送による試験結果通知や、公式サイト内での合格者番号発表は行われないので注意が必要だ。

今年から適用される、受験申請の方法(顔写真の登録方法)、試験手数料の納付方法、受験票、試験結果などの要点を紹介する。

①受験申請の方法

日本無線協会のホームページにアクセスし「無線従事者国家試験の電子申請」を開く。

・受験資格・受験希望地を選択し、氏名、住所、メールアドレス等必要事項を入力。

・入力の途中で電子メールの送達確認がある(あらかじめ@nichimu.or.jpのドメインからのメールが受信できるように設定が必要)。メールアドレスは、登録確認のほか、受験票の送付、試験結果に関するお知らせに使われる。

・顔写真を登録する(写真が適正でない場合、受験できなくなることがある)。縦横比30:24の縦長で使用(登録画面においてズーム、トリミングが可能)。

・写真は無帽で正面を向いた鮮明なもので、背景に影や人物その他映り込みがないもの、上三分身(写真の縦の長さに占める顔の大きさが概ね50%~60%で頭頂部に余白を設ける)、申請の日において撮影後4か月以内のものを使用。その他、写真の規格は無線従事者免許の申請に必要な写真に準じる。

・受験に支障がないと認められた写真でも、合格後の無線従事者免許証の申請に際しては認められない場合がある。


総務省が発表している、無線従事者免許証用の写真に関する基準

②試験手数料の納付方法

・インターネット申請の際に試験手数料等の納付方法を「コンビニ決済」か「ペイジー」から選択する。

・コンビニエンスストア決済は、インターネットでの手続きの後、店舗で支払いを行う。

・ペイジーによる決済の場合には、インターネットバンキングで払い込む方法か金融機関ATMで払い込む。

・申請受付期間後は試験手数料の返金はできない。試験当日に欠席や遅刻で受験できなかった場合は「棄権」となり、試験手数料は返金されず、次回の試験に充当することもできない。

③受験票について

・受験票は電子メールで送付する。

・受験票発送日については、ホームページで告知。受験票が届かない場合は、必ず問い合わせをすること。

・到着した受験票は、A4の用紙に印刷の上、試験当日、必ず試験会場に持参する。受験票がないと受験できない。

④試験結果について

・試験結果は電子メールで受験者に通知される案内を参照し、所定のサイトからダウンロードする形式。試験結果の通知時期は試験の際に案内。

・試験終了後1か月以上たっても試験結果の通知に関する電子メールが届かない場合、協会本部まで問い合わせのこと。



日本無線協会が発表した、令和4年度1・2アマ国家試験案内より

詳しくは、日本無線協会の「国家試験 受験案内」ページに掲載されている。

2022年2月号トップへ戻る

次号は 8月 15日(月) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部