Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Summits On The Air (SOTA)の楽しみ

その52 IC-705を使ってみて9

JH0CJH・JA1CTV 川内徹

寒い毎日が続きますね。今年は例年よりも寒くなる長期予報が出ていましたが、関東地方でも雪が降るなど長期予報が当たっているようです。さらにコロナの変種株も猛威を振るっています。SOTAでこの季節に山に行く人はくれぐれも健康と天候の急変などに気をつけていきましょう。

IC-705を使ってみた感想を交えたレビュー、今回で9回目となりました。前回はIC-705のメモリー設定などでのカスタマイズについて書いてみました。IC-705でカスタマイズといえば、フロントパネルおよびマイクスピーカーのキーボタン機能がカスタマイズできるところが素晴らしいと思います。

本体前面のフロントキーでは「VOX/BK-IN」と「AUTOTUNE/RX>CS」ボタンの2つ、そしてマイクスピーカーでは「A」、「B」、「△」、「▽」の4つのボタンに機能が割り当てることができます。写真の赤丸内のボタンです。


設定の仕方は「MENU」から「SET」-「機能設定」と進み、


「フロントキーカスタマイズ」、もしくは「リモコンマイクキー」で設定します。例えば「フロントキーカスタマイズ」ですと、下の写真のように「VOX/BK-IN」、「AUTOTUNE/RX>CS」に機能を設定できます。


ちなみに私の場合は下記のように機能を割り当てています。


私は山岳移動ではCWとSSB、そして時々FT8で出るのでこのように設定しています。しかし、それぞれのキーボタンに割り当てられる機能は自由に選べるわけではなく、それぞれに選択肢があらかじめ準備されています。


このため「VOX/BK-IN」で割り当てたい機能を「AUTOTUNE/RX>CS」に割り当てるということはできません。実は「VOX/BK-IN」で割り当てる機能は結構数が多く、この中の一番の優先項目として私はプリアンプのON/OFFを割り当てていますが「ノッチフィルターON/OFF」と「ノイズリダクションON/OFF」も使用する頻度が高く、キーボタンに割り当てたいところですが、他のボタンには割り当てられません。これが自由に割り当てられると良いのですが少し残念です。

また私の使い方ではIC-705のフロントキーで「CALL」、「XFC」、「MPAD」そして「SCAN」はほとんど使用しないので、これらにも機能の割り当てができると更によいのですが、このあたりはファームアップで対応できたらいいな、などと思います。

今回まで9回に渡り、IC-705の感想を交えたレビュー記事を書いてきましたが、そろそろネタ切れでもあり、次回からはまた別のトピックで山岳移動運用の紹介をしてみたいと思います。

さて、もう一つ。今回の記事を終える前にひとつだけ宣伝です。SOTA日本支部では今年の3月20日に「SOTA Japan Day」として「JA SOTA QSO PARTY」を開催します。


皆で一斉にSOTA山岳移動運用をしませんか? アクティベータの方は山岳間通信(S2S QSO)のチャンスが広がります。チェイサーの方々も大量得点のチャンスです。

詳細はSOTA日本支部のホームページをご覧ください。https://www.kawauchi.homeip.mydns.jp/sotajp/ja-sota-qso-party-2022/

SOTA日本支部では常時メーリングリストの申し込みを受け付けております。私宛のメール、jh0cjh599アットマークgmail.comでも結構ですし、SOTA日本支部のホームページの問合せのページから連絡を頂いても結構です。

Summits On The Air (SOTA)の楽しみ バックナンバー

2022年2月号トップへ戻る

次号は 12月 1日(木) に公開予定

サイトのご利用について

©2022 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部