Monthly FB NEWS 月刊FBニュース 月刊FBニュースはアマチュア無線の電子WEBマガジン。ベテランから入門まで、楽しく役立つ情報が満載です。

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

第31回 朝日音響株式会社(JA5ZDT)の皆さん

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~

朝日音響には電波を遮断するシールドルームも設けられています。「この中なら、外部の電波からの影響を受けない環境で受信機の試験ができますし、技適や認証を受ける送信機は、検査合格前に外部へ電波を発射することが認められていないので、シールドルーム内で調整を行います」と教えていただきました。


電波を遮断するシールドルーム。電波を扱う機器の測定や検査には欠かせない、大切な部屋です

そして次は製造組み立ての現場へ! お客様からの注文が営業部に入り、仕様書が発行されると、手の空いたスタッフがすぐに製造を始める体制ができているそうです。「こんな仕様で、1台だけ作ってほしい」という要望にも、敏速に対応できる機動力の良さが売り物だそうです。

私が見学しているときも、営業部の方が仕様書を届けにきたら、すぐに内容を確認して、必要な部材を集めて製造の準備を始めました。まるでファミリーレストランのような(!?)迅速さです!!


仕様書に合わせて1台ずつ製造組み立てを行う製作担当の皆さん


リモコンのボタンに表示する文字も、お客様の希望に合わせて1台ずつカスタマイズしていくそうです


組み立てを終えた製品は1台ずつチェックを行います


出荷前の製品をチェックする検査部門の様子

そのお隣は「補修課」という部署。使用中に破損や故障のあった製品がお客様から送られてくると、すぐに修理・返却するという部署で、経験豊富な専任スタッフが対応しているそうです。

--お客様が工場で使っている無線操縦装置が故障したら、修理を終えるまで、その機械は使えなくなりませんか?

「そうなんです! そこでご不便を感じないように、故障品を返送いただくよりも先に、貸出機をこちらからお送りすることもできますし、有償の出張修理にも対応しています。修理については、どこのメーカーよりも迅速で的確だと思います」

--なるほど、素晴らしいですね!!


万一の故障のときも迅速に対応するため、多数の貸出機が常に準備されています


受信機用の電源配線が不要で、ペンダントスイッチのコネクタを差し替えるだけで「無線化」ができる、特許「ゼロ線配線」のデモ機が展示されていました

アマチュア無線の経験と技術が生きている

朝日音響の会社内にはクラブ局のJA5ZDT(朝日音響株式会社 通信部)が設けられています。社内のラックにはアイコムなどのアマチュア無線機と受信機がたくさん置かれていましたよ~。


アマチュア無線や受信機が設置されているラック。朝日音響はJA5ZDTというクラブ局も開設しています

そしてもう1つ、アマチュア無線に関連して驚いたことがありました。

 「Masacoさん、もしも隣接している2つの会社の工場が、どちらも当社の無線操縦システムを導入していたら…と考えてみてください」

--はい!

「無線操縦システムから発射されるのは微弱な電波ですが、お隣の工場に届いてしまって、機械が誤動作を始めたら大変ですよね」

--はい! 誰も操作していないのに機械が勝手に動き始めたら、 オカルト騒ぎ…どころか、大きな事故になるかもしれません。

「そうです。実は過去に、県境にある工場で、隣接する他県の工業団地の装置からの電波が干渉した事例がありました。そこで現在は、ご注文いただいたお客様を“地域コード”で区分して、同じチャンネル設定の製品が、お客様が設置する地域とその隣接地域に重複して納入されないように管理しています」

--なるほど、隣接地域のことまで考えてチャンネルを管理されていらっしゃるんですね~。

「そのデータの管理には、アマチュア無線のアワードで使われている「市郡区番号」をベースにした独自の地域コードを使っているんですよ」

--えー! そんなところにアマチュア無線の市郡区番号が!!!

これを考えた方は、アワード好きの社員さんだったのでしょうか。柔軟な発想にとっても驚きました。


とても詳しく、会社と社員の皆さん、製品とお客様への愛情を込めて説明してくださいました。河野さんありがとうございます!!


会社内には鎌倉時代後期に描かれた「蒙古襲来絵詞」を映した額が飾られていました。1281年、元寇との戦いで活躍した伊予水軍の河野通有は、河野さんの祖先かもしれない…というお話がありました!

朝日音響株式会社の皆さん、代表取締役社長の河野さん、どうもありがとうございました。アマチュア無線家ならではの柔軟な発想とパイオニアスピリット(開拓者精神)が、プロの機械の中にも活かされていることを知ることができました。河野さんの学生時代の無線に対する情熱や、あの頃の感動がすべての製品への思いに繋がっているんだなぁ・・・と、ひしひしと感じ、とっても有意義で楽しい時間でした!!! 11月のJARL徳島県支部大会のご成功もお祈りいたします!!

(JH1CBX Masaco)

★Masacoプロフィール

兵庫県生まれ。シンガーソングライター。
学生時代は陸上競技ランナー、全日本インカレ出場。公務員となったが「歌い手になりたい」を実現すべく退職し上京。

NHK朝の連続ドラマ小説出演などを経て、IBS茨城放送のレギュラーラジオ番組パーソナリティーを6年、ラジオNIKKEI第一でもパーソナリティーとして活躍。全国高校統一模擬試験「英語リスニングテスト」の 日本語出題ナレーターなども務める。

オリジナル「あなたとともに咲かせましょう/むせんのせかい」はバックに流れるモールス信号も話題となり無線愛好家からの支持も得る。昭和歌謡の懐かしさに心躍る最新作「晴れおんな」ではMasacoの新しい世界を聞くことができる。

コールサインはJH1CBX(第3級アマチュア無線技士)

・公式サイト:http://www.19box.net/masaco/
・オフィシャルブログ(Masaco Diary):http://blog.goo.ne.jp/33masaco/
・Twitter:https://twitter.com/Masaco3
・Facebookページ:https://www.facebook.com/Masacosama

Masacoの「むせんのせかい」 ~アイボールの旅~ バックナンバー

2018年9月号トップへ戻る

次号「月刊FBニュース2018年12月号」は 12月1日(土)と17日(月)に公開予定

サイトのご利用について

©2018 月刊FBニュース編集部 All Rights Reserved. 発行元: 月刊FBニュース編集部